夏はサウナのように暑く、冬は手がかじかむ極寒の物置が製作場所。A.F.Vメインの雑食系モデラーの製作日記。

Zoom-Zoom マツダ T2000 その4。

t2000_04-01迷って立止まることの出来ない毎日の兄者です。

さて、マツダT2000ですが、前回すっぴん状態だったキャビンを
細かい部分の塗装してみました。

一番悩んだのがライトの部分。
反射板としてのシルバーは良いのですが、
その周りの細いモールド、これレストア車輌だと黒い縁取りばかり。
箱絵や当時のカタログなんか見ると、メッキのような感じ。

この辺は好みなのかもしれませんが、
アイラインを書くのも面倒でしたので、シルバー1色としました。

屋根の部分は、どうやら幌のようなのですが、説明書や実車の画像だと、ブルーシートのような青みたいです。
ただ、今回車体の色をミディアムブルーにしたのもあり、天井を青く塗るのはやめて、フィールドグレーにして見ました。

あとは、車体にデカール貼ったらクリア掛けですね。

[ 2017/06/23 20:52 ] car マツダ T2000 | TB(0) | CM(0)

Zoom-Zoom マツダ T2000 その3。

t2000_03-02青空の下、走って子供みたいに無邪気に笑うと
気持ち悪がられる兄者です…orz。

さて、T2000ですが、どうも雨の日が多く湿気が多いので、
ボディのクリア塗装は断念しまして、室内の塗装に入りました。

室内はいたってシンプル。
ベンチシートなので尻の部分と背もたれのみで終了。
運転席にのみヘッドレストが付くみたいですね。

シートの色は実写の写真がネット上にもあまり無く、
有ってもレストアされてオリジナルの色が分からないので、
ニュートラルグレー1色にしました。

t2000_03-03ダッシュボード(?)と言うか、
メータ周りはボディと同色のミディアムブルーを塗装。
真ん中の丸い部分にスピードメーターが来ますが、
クリア塗装してないので、クリアー塗装後メーターのデカールを貼り付けます。

で、ちょっと気になった部分が有りまして…。
赤丸の部分ですが、ここ助手席の人が握るグリップの部分で、
実写では丸い棒(?)のようです。
キットでは只の出っ張りモールドだったので、気に入らないので作り直し。

t2000_03-04ボディ被せてしまうと見えないんですが。(汗

どうしても気に入らなかったので、
モールドを削り落として、0.8mm真鍮船にて作り直し。
最初は、凸モールドの中抜きを考えたんですが、
手間掛かりすぎるので、作り直しました。

後は、再度ボディーカラーで塗装後、
グリップの部分をブラックで塗装すれば終了ですね。

t2000_03-01で、もう1つの問題と言うか、勘違いなところが…。

荷台の床の部分なんですが、
前回はボディーと同じ塗装にしてましたが、
何と荷台の床って木張りだったんですね…知りませんでした。
良く考えてみれば、トレーラーのフラット台車も床面木だった…orz。

てな訳で、急遽マスキングして上からバフを塗装。
ミディアムブルーの上からなので、下地が透けて何とも汚い…。
数回重ね塗りして、何とか見れるようにはなったかなと。

後は、天気の良い日を選んでクリア掛けですね。


[ 2017/06/15 23:54 ] car マツダ T2000 | TB(0) | CM(0)

Zoom-Zoom マツダ T2000 その2。

t2000_02-01風に靡くほどの長髪だったことのある兄者です。
あまり長髪にすると抜け毛が酷いんだぜ…。

さてさて、T2000ですが塗装に入りました。
車体の色を考えていたのですが、特に似合いそうな色が思いつかず
結局こんな色に落ち着いてしまいました…orz。
画像検索してみても、グレー系かグリーン系しか無い。
たまに違ったところだと、日○のオレンジとか…。
そんな訳で、ミディアムブルーをそのまま塗装です。
ミディアムブルーは半艶なので、クリア掛けは必須ですね。

クリア塗装の後は触れないので、室内の塗装に入ろうと思います。
その前に、ウインカーどうしよう…(汗

[ 2017/06/08 19:50 ] car マツダ T2000 | TB(0) | CM(0)

Zoom-Zoom マツダ T2000 その1。

t2000_01-01初めて来たのにいつか見た気がするどころか、
いつも見てるのに、初めて来た気がする危ない兄者です。

今度のアリイオーナーズクラブは、マツダ T2000です。
その名の通り、エンジン排気量は2000ccで、
時速100kmは出たそうです。
オート3輪で100Kmは怖くないんだろうか…。

t2000_01-02先にシャーシーは組み立ててしまってるので割愛。
で、キャビンの部分で気になったところあったので修正します。
気になった部分が赤丸部分。

箱絵の画像見てもいらえば分かると思いますが、
ココの部分開口しててエアダクトになってるんようですね。
キットでは、この部分に黒いデカール貼る様になってましたが。

t2000_01-03どうせなので開口しました。
で、中に板状の整風板(?)みたいなのも有るので、
プラペーパーの細切りを入れて再現してみました。

ボンネット上の半丸のモールドはウインカーのようです。
前側半分がウインカーレンズでクリアオレンジ。
後ろ半分はウインカーの基部で車体色に塗り分けるんですが、
ウインカークリアー化するかどうか悩み中です。

ひとまずキャビンはこのままです。

t2000_01-04トラックと言えば荷台ってな訳で、
荷台の方も組み立てました。
荷台の床面が若干ヒケが見られましたので、
ペーパー掛けして修正。酷い物だとパテ盛らないと駄目かもしれません。

リヤゲートの一部を適当デッチアップ。(笑
ココも赤丸の部分ですが、リアゲート固定用のヒンジが、
ゲートと一体成型になっていたので、モールドを削り落とし
その分0.8mm真鍮線で新造しました。
どうせなら貫通させてそれらしく作ればよかったのでしょうが、
真っ直ぐ貫通できそうも無かったので、端の部分のみとしました。

後はサフ吹いて塗装に入っていきます。

[ 2017/06/04 20:59 ] car マツダ T2000 | TB(0) | CM(0)

立てよ!食玩よ! ガンダム名鑑ガム ゲゼ その4。か・ん・せ・い。

H29-5-57散り行く桜の花びらのように、髪の毛が最近散り行く兄者です…。
桜吹雪に抜け毛の嵐!

さて、食玩のゲゼですがようやく完成いたしました。
スマホのカメラで撮影したので、ちょっとピントが合ってないですね…orz

前回まで脚の部分は塗装してなかったのですが、
脚の内側に肉抜きがありまして、
それを埋めるのに四苦八苦してた次第です。

そのままにしようかとも思ったのですが、
意外と見えるのでそれなりに埋めてあります。

H29-5-58ボディーは前後ではめ込みなので、
どうしても中央に合わせ目が出来て仕舞いますが、
素材がABSと言う事もあり、
接着剤使ってしまうと割れてしまいそうなので、
あえて合わせ目は消してません。

モールドっぽく見えるから良しとしましょうかね。
こうして見ると、何かゲゼってジ・オの流れのような気がするのは
気のせいでしょうか??

頭の形といい、無駄にある腕といい。
でもまぁ、自分的にはジ・オよりゲゼの方が100万倍好きですけどね。(笑
プレバンで立体化してくれないかなぁ…。無いだろうなぁ…